借金完済した瞬間、思わずコールセンターに電話してしまいました

10年ほど前、大手カードローンで3万円借りたのが借金生活の始まりでした。TVCMも多く流れているカードローンでしたし、街中のボックスで簡単に作れるものでしたので悪いことをしている感覚は皆無でした。少額でしたしすぐに返せるものと思っていました。ところが月の返済5000円からOKの文句にまんまと踊らされ、5000円ずつ返していきましたが意外と返し終わりません。その間に当初の限度額10万円は30万円になりました。そうなると気が大きくなってしまい、バイトの時間を減らして趣味の演劇活動により時間を割くようになりました。そうこうするうち2枚目のカードローンも作成しました。このとき1枚目のカードは限度額50万円、2枚目は限度額30万円でした。

そしてはじめての借金から1年余りで、僕の借金は2社合計で限度額いっぱいの80万円にまで膨れ上がっていたのです。

こうなると返しても返しても減りません。最低返済額は2社合計15000円でしたが、それをきちんと返しても利息に毛の生えた程度しか返すことができません。

もとより見栄っ張りの性格も災いし、こうなってもデート代などケチることができず、借金は減りませんでした。

そんなとき演劇の大きな仕事が舞い込み、月収100万円を超える月が出てきました。

2ヶ月程度の仕事でしたし、終わればまた月収20万円足らずに逆戻りしてしまうのですが、そのときは時間をかけてがんばってきた分こうした仕事にありつけたのだと思いました。

2ヶ月で200万円弱稼いだ僕は、2社ともに借金残高をATMで一括完済しました。

ATMから出ると僕は、それまで無視し続けた催促電話の発信元に電話をかけて、これまで迷惑をかけたことへ詫びるとともに、おかげさまで生活が向上しましたとお礼を述べたのです。

借金完済した日の高揚感は今も忘れません。借金はいいことではないかもしれませんが、事実借金したおかげで生まれた時間によって何かを成し遂げられるということはあると思います。

程々にうまいこと活用すれば、カードローンもひとつの生活向上手段と言えるでしょう。